副業

ストックフォトサイトで稼ぐおすすめは?「実際に収入があるところ」

ストックフォトサイトで稼ぐおすすめは?のサムネイル
これからストックフォトを始めたいけど、本当に稼げるサイトってあるの…。ストックフォトサイトによっては写真とイラストどっちがいいの…。どのぐらい儲けられるの?

今回はこういった悩みについて紹介していこうと思います。

この記事の信頼度

  • 僕は2013年にストックフォトに出会って現在9期目です。
  • 扱っているコンテンツは主にイラストと写真です。
  • ストックフォトだけで月の売上が平均20万円前後 。
  • 投稿数は1サイト約1500点ほどです。

ストックフォトをこれからはじめる人へのメッセージ

僕自身もイラストレーターや一眼レフをまったく使ったことのない初心者からの状態でストックフォトをはじめて投稿していったので気軽にはじめてみてください!継続していけば必ず上達するし、作品は売れていきます!

 

ストックフォトで稼ぐおすすめサイト

現在、僕が実際に稼いでいる海外と日本のストックフォトサイトを紹介していきます!

自分なりに過去から振り返った現在の率直な意見も交えていきます!

① Shutterstock

Shutterstockトップページ出典:https://www.shutterstock.com/ja/

まず、イラストでも写真でも稼ぎたいなら一番のおすすめはShutterstockです!

このShutterstockでは現在の改悪の影響もありますが、それでも毎日購入され続けています!月の平均でいけば約8万円(Shutterstockの改悪で約6万円)ほどです。

僕自身はイラストの方が多いのですが、写真も定期的に購入されています。

投稿するジャンルについてはまた別記事でも詳しく紹介しようと思いますが、Shutterstockではイベントや行事関係はおすすめです!

投稿方法は昔に比べると簡単になりましたが、イラストを投稿する場合はファイルサイズが小さすぎる(4MP以下)と審査に落ちてしまうので少し厄介になりました...。日本語対応ありです。

② iStock by Getty Images

iStockトップページ出典:https://www.istockphoto.com/jp

iStockはイラストが売れやすい傾向にあると僕的には思います!

月の売上の平均は約7万円ほどです。

また、投稿方法も以前のiStockから比べるとかなり今は簡単になったので、初心者でも迷うことなく投稿できると思います。ここも、日本語対応ありです。

イラストのジャンルによっても違うとは思いますが、ホリデーシーズンはかなり売れます!ハロウィーンやクリスマスですね!

iStockは、背景とやっぱりここでもイベント関係のイラストが人気が高いです!

お客さんの大半はアメリカの方です。なので、ターゲットをアメリカの方に向けて販売するのもありかなと思います!

写真についてですが、僕の知っている方たちを参考にみた時に投稿数の割にはそこまで売上がなかったので、僕はiStockでは写真を投稿していません。

正直、工夫もない平凡な風景とか人物の写真を投稿してもここでは売れないと思います。

③ Adobe Stock

Adobe Stockトップページ出典:https://stock.adobe.com/jp/

Adobe Stockはイラストでも写真でも売りやすいストックフォトサイトだと思います!

Shutterstockの改悪以降、Adobe Stockにお客さんが戻ってきたように感じます。

以前は、月の売上は2万円ほどでしたが、現在は3.5万円ほどになりました。

Adobe Stockになる前のFotoliaという老舗サイトではずっとリサーチを続けてきたので、ストックフォトで需要がある作品はここでたくさん勉強させてもらいました!

イラストはイベントや行事関係、そして広告に使いやすい背景白のオブジェクト単体作品が人気が高い傾向です。

写真では広告映えするようなシンプルな人物写真が人気が高い傾向だと思います。

投稿方法もAdobe Stockサイト上でファイルをアップロードして、タイトルとタグ付け作業というのを行っていくので簡単にできます!1作品大体3~4分ぐらいですかね。日本語対応ありです。

④ 123RF

123RFトッページ出典:https://jp.123rf.com/

123RFはイラストと写真の両方を販売していますが、僕的にはイラストのほうが売れやすいかなと感じます!

ここもAdobe Stockと同様にそこまで収益が伸びないです...。それでも毎月1.5万円前後は入ってきています。

売れやすい傾向のイラストは広告にすぐに使用できる背景です!例えば、レトロな額縁は人気があります。

Adobe Stockでも紹介しましたが、イラストはどのストックフォトサイトでもこのオブジェクト(モノ)単体というのはかなり人気が高いです!そして白背景がおすすめです!

投稿方法は日本語ありで、123RF上でアップロードしていくのですが、アップロードの時間がかなり長いです...。イラストはベクターEPSフォーマット投稿になるので、イラストのサイズが大きいときは厄介です。極力15MB以下におさめたほうがいいと思います。

⑤ depositphotos

depositphotoトッページ出出典:https://jp.depositphotos.com/

depositphotoは2013年から続けていますが、かなり収入は低いです...。

もう半分放置状態ですが、それでも毎月大体3500円ぐらいはでているので、新作が出来上がったらちょいちょい投稿しています。

また、僕の個人的な意見としては、写真やCGの方がイラストよりも需要があると思います。ただし、iStockと同様に平凡な風景写真や広告映えしないような人物の写真は売れないと思います。

投稿の方法は、depositphotoサイト上で作品をアップロードするので簡単にできます!日本語対応もしているので、初めての方でも問題ないと思います。

⑥ PIXTA

PIXTAトッページ出典:https://pixta.jp/

PIXTAはもうかなりの方がご存知だと思いますが、日本の写真販売サイトでは大手です。

もしこれからストックフォトで稼ぎたいと思っている方ならPIXTAでも販売することをおすすめします!イラストでも写真でも稼いでいる方が多いのでどちらでもいけると思います。

僕のPIXTAでの売上は月で平均1.5万円ほどで、昔から安定していません。

正直、色々な方のレビューを見ると僕の売上はかけてきた時間と比較するとかなり低いほうだと思います...。

でも、ストックフォトのいいところは独占販売しないで上記の色々なサイトで同じ作品を販売できるので、収益が分散されていると考えれば僕的にはいいかなと考えています。

僕はイラストと写真の両方を販売していますが、投稿数だけにイラストの方が売れています。

個人的に売上トップの方たちをみると、イラストや写真どっちかに特化しているとみています!

また、報酬単価も定額制販売にする・しないが自分で決められるので、「しない」にすれば売上数は落ちますがその分だけ報酬単価は上がります。

⑦ Photolibary

photolibaryトップページ出典:https://www.photolibrary.jp/

Photolibraryも日本のストックフォトサイトです。

こちらも、イラストと写真の両方を2013年からずっと投稿してきていますが、自分はイラストの方が売りやすいかなと感じます!

月の平均で約6000円ほどです。

投稿方法も簡単ですが、イラストに関してはフォーマットが他サイトと違ってベクターEPSで投稿はできず、JPGのみです...。

ただし、Photolibraryは自分の販売する作品に対して自由に価格設定できます!ここは結構いいと感じます!

僕的に売れやすい値段設定は色々と試した結果Sサイズ300円、Mサイズ500円、Lサイズ700円です。もちろんこれ以上でもありですが、高すぎると売れません!

⑧ Paylessimages

Paylessimagesトップページ出典:https://www.paylessimages.jp/

paylessimagesも日本のサイトです。

こちらは、イラストしか販売してないですが、月に平均2500円ほどでています。

正直、報酬少ないですが...それでも全く売れない月はないので投稿は継続しているという状況です。

また、作品のアップロードも凄く早いです!

一括でサムネのJPGと本データのEPSの両方をアップロードできるので、かなりスムーズです!若干、タイトルとタグ付け作業は面倒な部分もありますが、そこまでストレスは感じないので、初心者でもやりやすいと思います!

他にもおすすめのストックフォトサイトってないの?

海外のストックフォトを取り上げていけばかなりの数になります。

ここでは、僕はあまり実績にならなかったけど、実際に稼いでいる方がたくさんいる有名なストックフォトサイトに絞って3つ紹介します。

作品のジャンルやモチーフによっては稼ぐことができるので、参考にしてみてください!

①Dreamstime

Dreamstimeトップページ出典:https://www.dreamstime.com/

海外のストックフォトまとめサイトや、稼ぐことができるストックフォトサイトで必ず紹介されているのがDreamstimeです。

Dreamstimeは15年以上続いている完全なストックフォトの老舗サイトでお客さんも多いです。

写真でもイラストでも実際に稼いでいる方はたくさんいますが、正直、作品によっては向き不向きがあります。

ここで人気がでればまとめ買いが発生しやすいというメリットもあります。

また、Dreamstimeでは1作品が売れていけばいくほどレベルが上がって報酬単価が高くなります!

登録していないという方は一度登録してみて、自分の作品の売れ行きを確認してみるのがおすすめです!

Dreamstimeは残念ながら日本語対応はないです。

②Alamy

alamyトップページ出典:https://www.alamy.com/

Alamyは1999年に設立されたイギリスの老舗のストックフォト会社です。

このAlamyは僕の経験上ではイラストよりも写真の方が需要があると思っています。

Dreamstime同様に日本語に対応していなくて、投稿方法が少し厄介です。

ただし、売れれば1枚の報酬単価が他のストックフォトと比べるとかなり高い印象です!

一度、Alamyサイト上でどういった作品が上位表示されているかを見てみるだけでもいいと思います。

③POND5

POND5トップページ出典:https://www.pond5.com/

POND5も海外の人気なストックフォトまとめサイトに必ず話題に上がるサイトです。

アメリカのサイトですが、日本語対応はないです。

投稿方法は比較的にわかりやすい印象です。

このPOND5は映像の方を専門に扱っていますが、写真もイラストも投稿できます。

ぶっちゃけ収益になってないストックフォトサイトについて

オフィスで失望する男性フィギュア

当初は手当り次第、海外のストックフォトサイトでアカウント作成して作品を入れては報酬が出ているのかをみてきましたが、正直どこもそこまで収益にならなかったのが本音です....。

また、ストックフォトをはじめてそれなりに作品数も多くなってきたら、他サイトでも..と考えますよね!

もちろん、扱う作品によってや投稿数によってもまた違ってくると思いますが、約30~50作品を投稿してみて僕的にその月の報酬がゼロとか、月に$1~2いうストックフォトサイトはダメかなと思っています。

ストックフォトの一番の魅力として、大量に作品を投稿さえしてしまえばあとは完全に放置しておくだけでお金が生まれるところだと思います!

でも、ぶっちゃけ年間に$50ぐらいなら僕的にはタイトルやタグ付け作業の時間が無駄になるかなと考えてます。

さっき色々と過去のデータを見返してたら、2015年は合計19サイトも登録していました...でもそのおかげで現在はかなり優良サイトに絞り込んだといえます!

一応、個人的な見方でしたが、もし興味があるサイトがあるなら投稿してみるというのもありですね!

以下は海外のサイトですが、いろいろなストックフォトサイトのコミュニティになっているので興味があれば参考にしてみてください!

右側の部分が現在話題になっているストックフォトサイトなので、この中から自分に合ったストックフォトサイトを見つけ出すのもありだと思います!

microstockgroupトップページ出典:https://www.microstockgroup.com/index.php

まとめ | ストックフォトサイトで稼ぐおすすめは?

いままで数多くのストックフォトサイトに登録してきましたが、やはり、ShutterstockとiStockそしてAdobe Stockがおすすめです!

販売するコンテンツや作品のジャンルによっても、合う合わないストックフォトサイトによってはあると思いますが、今回僕が紹介した、「ストックフォトで稼ぐおすすめサイト」に登録しておけば、お客さんも多いので稼ぎやすいと思います!

また、僕の各ストックフォトの報酬を参考にして、報酬が多いサイトに絞るというのもありです!

初めは大変ですが、投稿を継続していけば必ず売れてき不労所得になります!

これからストックフォトをはじめる方は頑張ってください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆうのすけ

本業の人間関係が嫌すぎてどうにかFIREできないかと奮闘してきました。 早期退職した後どういった生活が待っているのか、その後の対策の情報をメインに発信できならと思っています。 また、僕が10年近く経験した副業で稼ぐノウハウも公開できならと思っています。 僕と同じように早く会社を辞めたいけど悩んでいる方のお役にたてればうれしいです。

-副業

Copyright© 副業人生 , 2021 All Rights Reserved.